合宿免許とは何か

合宿免許とは、運転免許の取得方法の一つです。
通常、運転免許を取るには通学制の自動車学校や教習所を利用することになりますが、合宿免許は言葉が示すとおり、泊りがけで自動車学校や教習所に通い、運転免許の取得を目指す形になります。
なお、自動車学校や教習所に泊りがけで通うといっても、学校内で寝泊りするわけではなく、合宿校が用意・指定した宿泊施設でオフの時間を過ごし、残りは合宿校で教習を受け、卒業までの期間を過ごす形になります。

通学制の学校と決定的に異なるのはこの泊りがけになるかどうかという点で、取得を目指せる免許の種類や入校資格といった基本的なシステムに違いはありません。
入校するにあたって必要になるものとしては住民票、身分証明書、印鑑、健康保険証または健康保険証の写し、運転免許証(ある場合)といった具合に、やはり通学制と変わりはありません。
ただし、泊りがけでの教習となりますので、着替えなどのお泊りグッズは持参しなくてはいけませんので、忘れないようにしましょう。

また、通学制の場合でも短期間での卒業は上手くスケジュールを組めば可能ですが、車を運転する教習は予約が必要で、乗れないことがあるなどすると、それだけ卒業までに時間がかかります。
合宿免許は確実に乗れますし、オフの時間以外はみっちり学科と運転の教習を受けることになりますので、スピーディな卒業が可能です。
合宿免許とは何か基本的な部分の説明は以上ですが、ここではほかにも合宿免許のメリット・デメリットを紹介しています。
通学制とどちらにするか迷っている人はぜひ内容をチェックしてください。



【注目サイト】
スピーディな卒業が可能な合宿免許施設を紹介しているサイトです > 合宿免許施設

Copyright © 2014 合宿免許とは?メリットとデメリット All Rights Reserved.